微細藻類ユーグレナ粉末は、非アルコール性脂肪性肝疾患に効果がある:日本のマウス研究

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

微細藻類ユーグレナ粉末は、非アルコール性脂肪性肝疾患に効果がある:日本のマウス研究
日本の研究者が、ユーグレナとその構成成分であるパラミロンの摂食は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に有益であることを見出した。

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は、NAFLDの極端な形態で、肝炎ウイルス感染または慢性アルコール消費を伴わない肝硬変および肝臓癌に進行し得る。

一方、Euglena gracilis(ユーグレナ)は、免疫系を刺激する独特なβ-1,3グルカン粒子であるパラミロンを蓄えている単細胞微小藻類である。

この研究はユーグレナの使用を専門とする栄養補助食品メーカーである株式会社ユーグレナによって行われた。

研究では、高脂肪餌でNASHを発症させた36匹のマウスを用いた。

その後、1)普通の餌のみを食べた対照群、2)ユーグレナ粉末を補充した餌を食べた群、3)パラミロン粉末を補充した餌を食べた群、4)医薬品のテルミサルタンを食べた群に分け、27日後、マウスの肝臓炎症の程度を調べた。

方法の1つは、F4 / 80の免疫染色を実施することであった。 F4 / 80の陽性面積比が大きいほど、炎症の程度が高い。

ユーグレナおよびパラミロン粉末を摂取した群は、対照群と比較してF4 / 80の陽性面積比が約40%減少した。例えば、対照群のF4 / 80陽性面積の平均は2.57%であり、ユーグレナとパラミロンの平均はそれぞれ1.56%と1.46%であった。

しかし、最大の改善は、テルミサルタンであった。 この薬剤を与えたマウスのF4 / 80陽性面積の平均は0.92%であった。

シリウスレッド染色を行った別の試験でも、ユーグレナとパラミロンの経口投与が肝線維化の進行を阻害することが示された。

「線維化の進行は主に炎症および/または異常なコラーゲン蓄積に起因する、シリウスレッドが陽性に染色された領域は、ユーグレナおよびパラミロン処置群の両方で減少し、コラーゲン過剰産生が両方のテスト物質によって抑制されたことが示唆された。」と研究者らは述べている。

ユーグレナの限界

研究者らは、NASHの進行を阻害するユーグレナおよびパラミロンの能力を確認するために、NAFLD活動性スコア(NAS)を計算し、さらなる肝臓組織検査を行った。これによりユーグレナがNASの改善につながっていないことが判明した。

NASはテルミサルタン剤を服用したマウスの肝臓で最も低かった。パラミロン群もまたNASの減少傾向を示した。

これは、ユーグレナが炎症の抑制に関与していないことを示唆しているが、肝星細胞を活性化し、コラーゲンの過剰産生を予防するのに有効である可能性がある。

一方、ユーグレナとパラミロンは肝臓の線維化を改善することができたが、体重と肝臓重量の減少につながることはなかった。

テルミサルタンを摂取したグループのみが、27日後に体重および肝臓重量減少につながり、テルミサルタンの医薬品としての有効性を示した。

 

出典: Food Science and Nutrition

https://doi.org/10.1002/fsn3.828

「非アルコール性脂肪性肝炎マウスモデルにおけるユーグレナ・グラシリスおよびパラミロンの抗線維化活性」

著者: Ayaka Nakashima等

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars