83の「健康食品」製品に見られる誇張された健康保持増進効果:消費者庁

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

83の「健康食品」製品に見られる誇張された健康保持増進効果:消費者庁
昨年10月から12月までの四半期毎の監視で、日本の消費者庁(CAA)は、83の「健康食品」製品が虚偽または誇大した表示をしていることを明らかにした。

虚偽または誇張された健康保持増進効果には、動脈硬化症、風邪およびインフルエンザを含む疾患の治療または予防、体の機能を改善し、二日酔いを軽減する、乾燥肌の改善、体の外観を美しくするなどが含まれる。

これらのいわゆる「健康食品」は、アルコールやコーヒーから他の一般的な食品にまで及ぶ。 

例えば、詳細不明な農産物が癌予防の表示をしていることがわかった。合計16の飲料(アルコールとコーヒーを含む)および21のその他の加工食品(加工肉および水産製品を含む)もまた、動脈硬化、便秘の改善、疲労の軽減および乾燥肌の軽減について疑わしい表示をしている。

カプセル、錠剤、および顆粒の形をとる他の45製品も、肝機能の改善、二日酔い、および花粉症に関連する増進効果を謳っていることが判明、また生活習慣病、高血圧、そしてインフルエンザの予防に効果があると表示していた。日本では、一般の主食品は機能的表示をすることができない。78社がこれら製品の販売継続に、当該表示の改善を要請された。 

2017年に、CAAは381の製造業者が虚偽または誇張された表示による違反を犯していることを突き止めた。合計425個の製品が関係しており、CAAは製品クレームに必要な変更を加えるよう要請した

避けるべき落とし穴

現在、製造業者は健康食品について、「特定保健用食品」(FOSHU)、「栄養機能性食品」(FNFC)、および「機能性食品」(FFC)の請求ができる。

FOSHUでは、製品は健康の維持と促進に役立つと科学的に認識されており、政府によって評価されているため、特定の健康強調表示をすることが許可されている。

FOSHUとは異なり、FFC製品​は政府の評価を受ける必要はない。 製造業者は、臨床試験または文献レビューから得た科学的根拠に基づいた適切な機能表示を行う。

さらに、FFC製品は、CAAにより、「診断」、「予防」、「治療」、「治療」などの用語の使用を禁じられおり、病気の治療または予防の有効性を暗示する健康強調表示も禁止されている。 さらに、「糖尿病を患っている人々のために」など、特定の疾患を患っている個人を対象とする強調表示、体つくり、育毛トリートメント、美白など美の意図的な強化を謳う表示も禁止されている。

FNFCに関しては、その製品には科学的根拠によって、すでに機能が実証されている栄養素が含まれているので、これらの製品は政府に通知することなく、規格によって規定された栄養機能による健康強調表示を謳うことができる。 

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars