帝人は、クリスチャン・ハンセン社とパートナーシップを結び、プロバイオティックス分野へ進出

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

帝人は、クリスチャン・ハンセン社とパートナーシップを結び、プロバイオティックス分野へ進出

Related tags: Japan

クリスチャン・ハンセン社は、プレバイオティクス企業である帝人 (株) に、日本市場で機能性食品や健康食品に使用するプロバイオティクス原料を供給する契約を締結した。

このパートナーシップにより、クリスチャン・ハンセンのヒューマンヘルス ビジネス ユニットは、タブレット、カプセル、パウダースティックなど、健康食品用途向けのプロバイオティクス関連製品を提供する。 育児用調製粉乳用途の製品はこの後となる。

帝人は、クリスチャン・ハンセンが製造するプロバイオティクス成分を原料として国内展開するための、輸入・販売権を有することとなる。

これは、スーパー大麦 バーリーマックスや腸の健康用水溶性食物繊維など、プレバイオティクスに取り組んでいる帝人のプロバイオティクスへの初めてのエントリーとなる。

今回の販売契約により、既存のプレバイオティクス製品に相性の良いプロバイオティクス成分を加えることで最終的に機能性食品素材事業を拡大し、将来的にはこれらを共生市場へ参入させたいと考えている。

クリスチャン・ハンセンのグローバルセールス、ヒューマンヘルス担当副社長Carlo Appennini氏によると、「プレバイオティック分野は、プロバイオティック分野と密接に関連しており、複合製品とそれらの相互作用がより重視されています。」

「プロバイオティクスは日本で非常によく受け入れられており、既にプロバイオティクスを含む多くの食品とサプリメントがあります。」

製品の範囲

日本では6種類のプロバイオティクス製品が販売される。

1つはBB-12プロバイオティクス株で、多くの機能性表示食品(FFC)に採用されている。

別の製品にはUREXがある、これは尿路感染の予防および治療用に良く利用されている乳酸菌製剤。

帝人は、1.5兆円といわれている機能性食品市場へ、この機会に参入したいと考えている。

Appennini氏は、日本政府が数年以内に乳児用調乳製品へのプロバイオティクスの追加を許可することを同社は期待していると語った。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast