日本の大手企業が団結:ファンケル、キリンのiMUSEビタミンC製品をeコマースで中国に販売

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

日本の大手企業が団結:ファンケル、キリンのiMUSEビタミンC製品をeコマースで中国に販売

Related tags: Japan

ファンケルは、5月に越境ECを通じてキリンのiMUSEサプリメントを中国市場に販売するとともに、日本の国内市場でオンラインによる販売拡大を目指す。

これは、キリンが昨年ファンケルの30.3%の株式を取得後、最新の共同取り組みとなる。

キリンは、ファンケルの中国における流通の強みが、「iMUSE professionalプラズマ乳酸菌+バリアビタミンC」製品の海外での販売拡大につながると期待している。

この製品は現在、国内の薬局、診療所、病院でのみ販売されているが、中国では越境EC経由で189人民元 (約2,900円) で販売される予定。

キリンホールディングスのコーポレートコミュニケーション部門のAtaka Takashima氏

によると、ヨーグルト風味のビタミンCサプリメントには、1日の推奨摂取量2粒あたり約1,000億のプラズマ乳酸菌(Lactococcus lactis​プラズマ株)が含まれている。

Takashima氏は、「これらのチュアブル錠は、水なしで噛むことができ、外出先でも簡単に摂取できます。」

キリンによると、この製品は熱、光、酸化によるダメージを受けにくいという。

iMUSEの売上アップ

ファンケルのToshihiro Tomita氏はNutraIngredients-Asia​誌に、「COVID-19の感染拡大に伴い、健康と福祉の維持への関心が高まっている」と語った。

キリンは、 「iMUSE」 の売上高が前年同期比で約3倍に増加したと発表。店頭での販売促進により、「プラズマ乳酸菌」の認知度を高めたことが影響したとみられる。

「最近は健康管理の一環として乳酸菌を積極的に摂取するお客様が増えています。」とTakashima氏。

「3月の プラズマ乳酸菌を含むiMUSEサプリメント製品の売上高は、前年同月比で大幅に増加しました。特に、iMUSEプロフェッショナルの売上高は前年同月比で2.5倍を超えました。」

2020年1-3月期の iMUSE 飲料製品の売上高も前年同期比で3倍以上に増加した。

スムージーサービス

両社の次の動きは、日本の企業に果物と野菜のスムージーを提供するキリンの法人向けサービス(キリンナチュラルズ)を拡大することである。「不足しがちな野菜や果物を手軽においしく食べられるスムージーです。飲みやすい便利なパウチに入っています」とTakashima氏は言う。

キリンのデリバリーサービスと同時に、ファンケルは日本国内の通信販売を通じて数量限定で発売を開始した。

ファンケルの販売する2つのスムージーは、キリン ザ グリーンとキリン ザ イエロー。

キリン ザ グリーンは、ケール、セロリ、パセリなどの葉野菜と果物をブレンドしたもの、 キリン ザ イエローは、ニンジンを中心とした9種類の野菜と4種類の果物をブレンドしたもの。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast