カフェインフリーラッシュ:大正製薬、初の植物由来エナジードリンクを発売

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

カフェインフリーラッシュ:大正製薬、初の植物由来エナジードリンクを発売

Related tags: Japan

大正製薬ホールディングスは、カフェインの有無にかかわらず精神的な覚醒と集中力向上を最大5時間持続させることが臨床的に証明されている、植物成分enXtra(エネキストラ)を配合した日本初のカフェインフリーエナジードリンクを発売した。

Raizin(ライジン)ブランドで販売される炭酸飲料は、ハードジンジャー(生姜風味)とフルーティーサンダー(フルーツ風味)の2タイプがある。

enXtraは、昨年Ingredient of the Year(スポーツニュートリション部門)でNutraIngredients-Asia賞を受賞した、インドを拠点とするEnovate Biolifeによって製造されている。

科学に裏打ちされた機能

enXtraは、ショウガ科の植物「ガランガル(Alpinia Galangal​)」の地下茎から抽出したもので、スポーツニュートリション、体重減少および認知ケアを含むアプリケーションに於ける3つの臨床研究によって裏打ちされている。

臨床研究の1つでは、53人の被験者を4つのグループ(プラセボ、enXtra、カフェイン、enXtraとカフェイン)に分けた。

enXtraグループは、精神的能力、集中力、注意力において他のグループよりも優れていた。

さらに、enXtraとカフェイングループも優れたパフォーマンスを発揮し、カフェインの副作用は排除されていた。

Enovate Biolifeの国際事業部門のRostum Irani氏は「enXtraをカフェインと組み合わせると、ネガティブなカフェインクラッシュを防ぐことができました。

その後、注意力を持続させるカフェインのポジティブな面が5時間にわたって増強されました。」

Raizinエナジードリンクには、ボトルあたり245 mgのenXtraが150 mg含まれており、カロリーはゼロ。

日本における消費

エナジードリンク市場は、若い世代のより積極的な消費によって、近年拡大している。

より活力を高めたい学生、アスリート、プロ選手等の典型的なターゲットグループは別として、エナジードリンクは「パーティーなど、さまざまな状況で」トレンドになりつつあると大正製薬 広報部門のNobuyuki Hiraga氏は述べている。

伝統的に、エナジードリンクは精神的および身体的パフォーマンスを高めるために、主にカフェインである刺激物を含む。

同社は、エナジードリンクのカフェインの置き換えにおいて、刺激機能を維持することは重要であると考えている。

「日本では、カフェインの過剰摂取は社会問題の1つです。 カフェインの代わりに新成分(enXtra)を配合することで、カフェインの摂りすぎが気になる消費者のニーズにお応えします」とHiraga氏。

ドリンクには、イチョウ葉エキス、脱蛋白ローヤルゼリー、ビタミンB2およびB6、ヒスチジンやイソロイシンなどのアミノ酸、イノシトールも含まれている。

Raizinエナジードリンクはジャパンフーズ株式会社によって製造され、全国のコンビニエンスストアおよびAmazon Japanを介して3月下旬に発売が開始された。

小売価格は190円。 現在、国内市場に注力しており、海外への販売は予定していない。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast