ホップグミ:キリンと電通の合弁会社、思考を助けるホップエキスの第一弾を発売

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

ホップグミ:キリンと電通の合弁会社、思考を助けるホップエキスの第一弾を発売

Related tags: Japan

キリンは、広告大手電通との合弁会社で、キリン独自の熟成ホップエキスを配合したグミと錠剤を初の消費者向け商品として発売。

昨年、同エキスを配合したライフスタイル製品を製造・販売する合弁会社「INHOP株式会社」を設立した。電通は広告代理店として、そのブランディングに携わっている。 

INHOPのYuji Kaneko社長によると、グミ(シンキングサプリ・ホップイングミ)と錠剤(シンキングサプリ 受験力)は、思考する時間をサポートするとし、学生や社会人をターゲットにしている。

研究

ホップは苦味を与えるビールの原料だが、睡眠の改善や骨ミネラル密度の維持などの健康機能があることでも知られている。

熟成ホップエキスは、熟成させたホップを水抽出法で抽出したもの。ホップの苦味は1/10に抑えられており、様々な食品や飲料に混ぜて使うことができ、子供を含むあらゆる年齢の人々にとって本質的なリスクはない。

キリンは2017年に東京大学と共同で、熟成ホップエキスの研究を開始した。熟成ホップ抽出物はマウスモデルにおいて認知機能と抑欝症状を改善することが見出された。

より最近の研究​ (2020年6月)では、キリンと順天堂大学医学部が共同で臨床試験を実施し、熟成ホップエキスが、記憶障害の症状のある中高年の認知機能や気分を改善することを見出した。

認知機能に加えて、キリンは、過体重だが健康な日本人成人200人を対象とした臨床試験で、熟成ホップエキスが体脂肪を減少させる能力を詳述した研究を2016年に発表した​。

その結果から、腹部脂肪低減をうたった熟成ホップエキスを配合したノンアルコールビール​ (カラダFREE)を発売した。

思考機能

どちらの新製品も食品として販売されるため、健康に関する宣伝文句は一切ない。が、Kaneko氏によると、同社が販売しているのは思考する時間をサポートする 「シンキングサプリ」シリーズであるという。

ホップイングミは、グレープフルーツ風味を加えて熟成ホップ特有の苦味を抑え、子供を含めた幅広い年齢層に受け入れられるようになっている。

剤型をグミにした理由はいくつかあり、「勉強や仕事をしている人が食べやすい形を考え、手を汚さず集中力を失わずに食べられるグミの形を選びました」と同氏。

グミ及び錠剤のいずれにも熟成ホップ抽出物の用量表示はないことについて、「サプリメントではなく食品として販売しているためであり、具体的な用量表記は避けています」と説明する。

キリンが実施した健康効果に関するこれまでの研究では、熟成ホップエキス35mgを摂取することで、認知機能の改善や抗肥満効果が期待できることが明らかになっている。Kaneko氏は用量の詳細については明らかにはしなかった。

現在、製品はINHOPのオンラインストアでのみ販売しており、他のチャネルでの販売は考えていないという。「まだテスト販売の段階であり、多くの方に試していただき、ブラッシュアップを重ねていきたい」と金子氏。2020年7月末より販売を開始している。

グミは324円(12個入り)、錠剤は3,240円(60個入り)。

INHOPは、キリンの熟成ホップエキスを使用した商品をさらに開発し、健康増進に役立つ商品を開発していきたいと考えている。

出資比率はキリンホールディングスが51%、電通が49%となっている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast