NutraIngredients-Asia Awards 2020

乳児用プロバイオティクスのチャンス:NutraIngredients-Asia Awardsの受賞者、森永乳業がBB536の乳幼児栄養分野への応用を拡大

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

乳児用プロバイオティクスのチャンス:NutraIngredients-Asia Awardsの受賞者、森永乳業がBB536の乳幼児栄養分野への応用を拡大

Related tags: Japan

森永乳業株式会社は、今年9月に国内初のビフィズス菌強化乳児用粉ミルクを製造、プロバイオティクス菌株「ビフィズス菌ロンガムBB536」の乳児栄養への応用をさらに拡大していきたいと考えている。

BB536は、健康な腸内細菌叢と免疫力の発達を促進する効果が研究されているヒト常在型ビフィズス菌(HRB)株。現在、BB536に関する200以上の科学的な研究が行われており、乳幼児、子供、成人、高齢者の健康に有益な効果があるとされている。

2016年、Bing-Bing Wuらは、健康な新生児にBB536(1x107 CFU/g)を6カ月間投与したところ、生後早期に健康な腸内細菌叢を確立し、乳児の免疫発達の改善につながる好ましい効果があったと報告している。300人の新生児を対象としたRCTはWorld Journal of Pediatrics誌​に掲載された。

2014年のTadao Enomotoらによる別の研究では、BB536が乳児の湿疹やアトピー性皮膚炎の発症リスクを低下させるのに役立ったことが報告されている。BB536(1x1010​ CFU/g)を母親に1カ月間、出生前に投与し、出生後の乳児には6カ月間、5x109​ CFU/日の用量で投与した。この研究はAllergology International​誌​に掲載された。

​同社は、最近発表されたNutraIngredients-Asia Awards 2020の、乳幼児栄養部門で編集者賞を受賞した。

森永乳業 執行役員 素材応用研究所長の阿部文明氏は、次のようにコメントしている。

「森永乳業が独自に開発した、HRBプロバイオティクス株の科学的な厳密性を業界の皆様に改めて認めていただけたことを大変光栄に思います。」

「当社は過去数十年にわたり、健康に良いプロバイオティクス成分を提供することで、世界中の赤ちゃんの健康に貢献できるよう努力してきました。

 私たちの努力が認められたことを嬉しく思います。今回の受賞は、乳幼児栄養市場における当社のHRBプロバイオティクスの科学、イノベーション、商業的成功、市場の可能性の質の高さを改めて認めたものです。」

手付かずの機会

BB536は、2009年の一般食品のためのGRASの通知を受け、昨年は乳児用粉ミルクへの使用でFDAのGRAS承認を取得した。

BB536は、現在、ヨーグルト、ドリンクタイプのヨーグルト、無発酵乳、成人用粉ミルク、カプセル・錠剤の栄養補助食品、乳児用粉ミルク、子供用成長支援飲料など、森永乳業の多くの最終製品に配合されている。

森永乳業のリサーチアソシエイトであるDr Chyn Boon Wongによると「FDAのGRAS承認の取得は、乳児用ミルクで具体的に使用されるBB536のチャンスを拡大するための足がかりとなった。」

森永乳業は2020年9月、1~3歳児向けのフォローアップミルク(森永チルミル)をリニューアル発売した。日本初のビフィズス菌強化乳児用ミルクで、BB536ともう1つのプロバイオティクス株M-16Vが配合されている。

Wongさんによると、森永乳業は日本では初めて、厚生労働省からビフィズス菌の乳児用粉ミルクへの使用許可を得ている。

以前の森永チルミルにはビフィズス菌は含まれていなかった。今回リニューアルされたフォローアップミルクは、子どもの健やかな腸内環境をサポートするために販売されている。

花粉誘発性アレルギー性鼻炎と間欠性喘息を有する小児のアレルギー性鼻炎症状の緩和には、BB536サプリメント(3x109 CFU/日)を4週間摂取することが効果的であることがRCTで実証された。Michele Miraglia Del Giudiceらによる2017年の研究は、Italian Journal of Pediatrics誌​に掲載された。

Journal of Clinical Gastroenterology​誌​に掲載された、2017年のGiannetti Eleonoraらによる別の研究では、BB536が小児の過敏性腸症候群の緩和に有効であることが報告されている。

Wongさんは、乳児プロバイオティクス分野は 「ユニークで比較的未開拓の領域 」であると語っている。

同社は消費者向け製品のほかに、機能性プロバイオティクス成分としてBB536をB2B事業で販売している。

Wongさんは、「BB536のB2B乳児栄養事業を、成長を続ける中国市場を含む北米、欧州、アジア太平洋地域で展開している」と付け加えた。

「弊社のプロバイオティクス菌株のユニークさ (安全性、法令遵守、品質保証、実証された有効性、優れた安定性) は、自然らしさに対する消費者の需要が増え続けるにつれて、乳幼児栄養アプリケーションにより多くの牽引力を得るだろうと信じています。」

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast