ユーグレナの摂取は、成人男性の有益な腸内細菌を増加させ、睡眠の質を改善する-日本の研究

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

ユーグレナの摂取は、成人男性の有益な腸内細菌を増加させ、睡眠の質を改善する-日本の研究

Related tags: Japan

健康飲料・サプリメントメーカーの株式会社ユーグレナが実施した臨床試験によると、ユーグレナ(学名:Euglenagracilis)を毎日4週間摂取することで、成人男性の善玉腸内細菌が増加し、睡眠の質が改善することが明らかになった。

微細藻類であるユーグレナには、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸など、さまざまな栄養素が含まれている。株式会社ユーグレナでは、この微細藻類を配合したサプリメントやスキンケア製品を製造している。

今回の研究では、日本の成人男性32名を募集し、プラセボ群と試験群の2つのグループに分けた。

試験群は、1日3,000mgのユーグレナ(この研究のために特別に作られたカプセル)を4週間摂取した。

研究者らは、ベースライン時と4週間後に便サンプルを採取し、腸内フローラの分析を行った。これは、サンプルからDNAを抽出し、その塩基配列を決定するためである

睡眠の質は、ピッツバーグ睡眠質問票(PSQI)を用いて、睡眠時間、不眠、眠気、睡眠導入剤の使用状況を評価した。

研究結果

ユーグレナを摂取することで、乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌叢の多様性が高まることが明らかになった。

ユーグレナ社研究開発部マネージャーのAyaka Nakashimaさんは、「これらの菌は、乳酸、酢酸、酪酸を産生し、腸内の有害な微生物を抑制することができます」と語る。

このヒト臨床試験の結果は、ユーグレナの摂取が酪酸産生菌を増加させることを生体外モデルで確認した同社の過去の研究結果と一致していた。

また、ユーグレナを摂取した被験者は、腸内細菌叢の多様性が高まったことに加え、より良い睡眠の質を示すPSQIスコアが改善されていた。

NakashimaさんはNutraIngredients-Asia​誌に「ユーグレナは、プレバイオティクスとして働き、善玉の腸内細菌を増やすことができると考えています。睡眠の質を維持するためには、食生活で腸内フローラを良好に保つことが有効です」と語った。

本研究成果は、第43回日本臨床栄養学会総会および第46回日本睡眠学会定期学術集会で発表された。

これまでの研究

本研究では、睡眠と腸内細菌叢の関連性を調べた、この分野では腸内細菌叢の機能と睡眠を含む認知機能との関連性を示す「腸脳軸」に関する研究が増えている。

ユーグレナ社では、睡眠、免疫、認知機能など、異なる健康の側面とユーグレナ摂取との関連性の研究を進めている。

以前には、ユーグレナパウダーを摂取することで、非アルコール性脂肪肝疾患のマウスの炎症の程度を下げることができるというマウスによる研究​を発表した。

また、昨年には、ユーグレナを12週間摂取することで、ストレスを感じている人の睡眠の質の改善​や仕事の効率を改善するという研究結果を発表した。

Nakashimaさんによると、同社はユーグレナの魅力と利点を強化し、ユーグレナを含む主力食品ブランドの認知度を向上させるため、さらなる研究に着手しているという。

ユーグレナ社の製品は主に通信販売で販売されており、実際の数字は明かされなかったが同社はサプリメントの売り上げが伸びていると報告している。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast