プレバイオティックの革新:ネスレ日本、食物繊維製品にコラーゲンと乳酸菌を追加

By Guan Yu Lim contact

- Last updated on GMT

プレバイオティックの革新:ネスレ日本、食物繊維製品にコラーゲンと乳酸菌を追加

Related tags: Japan

ネスレ日本は、「アイソカルファイバー」製品群に、コラーゲンと乳酸菌を配合した2つの新製品を投入した。

新製品の1つ「アイソカルファイバー乳酸菌プラス」は、L.ラムノーサス乳酸菌(GG乳酸菌)を10億CFU配合。

もう1つの「アイソカルファイバーコラーゲンプラス」は、加水分解低分子コラーゲンペプチドとビタミンCを配合し、内側からの美しさをサポートする製品。

両製品は粉末状で、グアーガム分解物(PHGG)由来の食物繊維を含み、プレバイオティクスとしての役割も果たす。

生菌を守るために、常温または低温で飲料やスープに添加することができる。

同社は、日本人の食物繊維の摂取量が不足していることを指摘している。

「食物繊維は、魚介類や肉類などの動物性食品にはほとんど含まれず、野菜に多く含まれています。

日本人の食事摂取基準(2020年版)​に基づくと、18歳から64歳の男性の1日の推奨摂取量は21g以上、女性は18g以上とされていますが、実際の摂取量はすべての年齢層で不足している傾向にあります」と同社は述べている。

2010年および2011年の国民健康・栄養調査​によると、日本人成人の1日あたりの食物繊維摂取量の中央値は、男性で11.8gから14.9g、女性で10.8gから15.1gとなっている。

同社は、PHGGが医療・介護の現場で患者のケアに広く活用されていることを指摘している。

ただし、3月に発売した「アイソカルファイバー」第1弾とは異なり、今回追加された2製品は健康強調表示を掲げていない。

いずれも食品となっており、ネスレ通販のオンラインショップで購入できる。

ネスレ日本のNaoko Ogawaリレーションアシスタントマネージャーは、「この2つの新商品を通じて、食物繊維を手軽に摂取する選択肢を提供したい」と語る。

「発売以来、両商品とも健康維持や美容を意識する30~40代の女性から高い評価を得ています。」

アイソカルファイバー第1

ネスレ日本は、3月に機能性表示食品(FFC)第1弾として「アイソカルファイバー」を発売した。FFCデータベースPlusaidによると、今年度初で唯一のFFCとなる。

本製品は、①便通改善効果、②食後血糖値上昇抑制効果を訴求することができる。

食物繊維の摂取は、脳卒中や心疾患、糖尿病の発症、乳がんや胃がんなどの生活習慣病と負の相関があると言われている。

中国の研究者によるメタ分析​では、グアーガムの補給が総コレステロールと低密比重リポタンパク質(LDL)を減少させる可能性があることが判明している。

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition​JCBN​)に掲載された別の研究では、PHGGの補給が自閉症スペクトラム障害の子供の便秘と腸内毒素症を改善する可能性があることが示された。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast