トレンドトラッカー:オムニチャネル戦略、酵素、冬虫夏草、乳児用粉ミルクのチャンス

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

トレンドトラッカー:オムニチャネル戦略、酵素、冬虫夏草、乳児用粉ミルクのチャンス

Related tags: Japan

健康食品ブランドや小売業者が採用するオムニチャネル戦略、酵素の市場機会、冬虫夏草サプリメント、韓国の育児粉乳市場の動向について取り上げます。
ポスト・パンデミック、世界での成功:大手小売業とブランドがとるオムニチャネル成功のための戦略

COVID-19の流行が続く中、サプリメントのオンライン購入が盛んになっている、ブランドはデジタルと実店舗の「世界最高」な小売アプローチでどのように相乗効果と成功を見出すことができるのか?多くの専門家に話を聞き、その答えを探った。

例えば、インドのHealthKart社は、2011年にサプリメントを販売するeコマースストアとしてスタートしたが、2015年にはオフラインの小売に進出し、今年はさらに40~50店舗の新規出店を計画している。

一方、オーストラリアのEZZ社は、オフラインの小売とオンラインショッピングサイトの両方を利用し、さらに独自のモバイルアプリを開発して消費者への直接販売を拡大することを計画している。

冬虫夏草の拡大:タイの Nova Organic 社、中高年の勢いでアジアでの成長を目指す

冬虫夏草製品で有名なタイのサプリメント会社Nova Organicは、国内で中高年の消費者を中心に成功を収めた後、他のアジア市場への進出を計画する。

CEOのNavaphol Chanjuthamard氏は、NutraIngredients-Asia​誌に、タイにおける冬虫夏草サプリメントの消費者の多くは40~60歳であると語った。

タイ以外では、他のアジア市場にも進出したいと考えており、すでにシンガポールと香港では、Watsonsを通じてDONUTT Total Fibelyという製品を販売している。

韓国の育児粉乳市場:国産品が圧倒的、輸入品はドイツがトップ

韓国の母親の半数以上が国産の育児粉乳を購入している、輸入品ではドイツが最も多く、次いでニュージーランド、オランダ、オーストラリアと続く。

これは、韓国消費者院(KCA)が2月に発表した報告書で、500人の回答者を対象にしたインターネット調査によるものである。

また、国産品は輸入品より割安だが、オーストラリアやドイツからの輸入品は価格競争力が増していることも分かった。

活きている酵素の市場規模は計り知れないの市場規模は計り知れない:消化器系の健康と体重管理のトレンドに関する日本の新谷酵素の見解

サプリメントブランドの新谷酵素は、消費者の消化器系の健康や体重管理への関心を背景に、活性酵素製品の市場は計り知れないと確信している。

現在、同ブランドの既存消費者は大きく2つに分類され、1つは主に40歳以上の腸の健康維持のために摂取しているグループ。

もう一つの主要消費者層は、20代前半から40代の女性で、体重管理を目的としている。

味覚テストに合格すること:Nestleのチーフが語る、ヘルシー製品のイノベーションを成功させる戦略

NestleマレーシアおよびシンガポールCEOのJuan Aranolsが明らかにした独自の見解によると、健康的な植物由来の製品を開発する際に優先されるのは、価格の維持と味を最大限に引き出すという2点だという。

Aranols氏は、Positive Nutrition Interactive Broadcast Seriesで講演した際に、このように述べた。(オンデマンドで視聴可能​)

そして、砂糖と塩分の削減を含む組成変更は、会社の優先事項であり続けるだろうと述べている。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast