SEAラウンドアップ:シンガポールの新しいフードテック施設、食用燕の巣とジャムウの技術革新

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

SEAラウンドアップ:シンガポールの新しいフードテック施設、食用燕の巣とジャムウの技術革新

Related tags: Japan

シンガポールで国内外の企業に開放された新しいフードテック施設の立ち上げ、食用の燕の巣やジャムウのハーブ製剤の消費方法に企業がどのように解釈を加えるのか、東南アジア地域の新しい動きを取り上げます。
グローバルに展開:タイのJamulogy社は、機能性飲料のトレンドに乗り、インドネシアのジャムウを世界に広めることを目指す

Jamulogy社は、東南アジアの伝統的なハーブ製剤 ジャムウを機能性飲料にすることで、その普及を目指している。

ジャムウは、タマリンド、ターメリック、ジンジャー、レモングラス、クローブなど、この地域原産のさまざまなハーブやスパイスを多用したもの。

過去6ヶ月の間に、Jamulogy社はオンラインとオフラインでシンガポール、香港、オーストラリア、米国の4カ国に進出し、ホテルやグルメスーパーマーケット向けに瓶詰めのジャムウを販売している。

固定観念を打ち砕く:APACのサプリメントブランドがパッケージデザイン、品質、持続可能性でどのように人々を魅了しているか

APACのサプリメントブランドは、競合他社に差をつけるために、新しいパッケージングイノベーションを市場に導入している、中国のWonderlab、オーストラリアのVÖOST Vitaminsが典型的な例である。

また、優れたパッケージは、賞味期限内の製品の安定性を保護・保持し、利便性を提供し、環境にも配慮している。

今回のVitamINSIGHTSでは、サプリメントの魅力、利便性、保護性を高めるために、パッケージングやプレゼンテーションのあり方について、既成概念を打ち破っているブランドにスポットライトを当てたいと考えています。

シンガポールのフードイノベーション推進:2026年までに400の新製品促進を目的とした新しい施設

シンガポールは、2026年までに400の新製品を開発することを目的とした、新しい共有フードテック施設を開設した。

この施設は、シンガポールに登録された企業に限定されず、食品のイノベーションと供給を促進するためのパートナーシップに門戸を開いている。

パートナーの1つは、ニュジーランド、サウスオークランドにある政府支援のパイロット規模の食品加工施設であるFoodbowlである。

伝統の中の革新:シンガポール燕の巣企業、ミレニアル世代とZ世代を取り込むために小袋の形態を導入

The Asia Bird’s Nest Corporationは、食用の燕巣エキス、6年根の紅参、アロニアベリーを配合した、RTDライフスタイル・スーパーフードを発売した。

このシンガポールの会社は、Wellnestとして知られているこの新製品を通して、食用の燕の巣が通常どのように消費されるかを説明している。

この製品は10mlのアルミ小袋入りで、一箱、30個入りとなっている。燕の巣製品は、壊れやすくかさばるか使い切りのガラス瓶で売られ、家庭で2回煮沸しなければならないというのが普通である。

非常に順調:マレーシアのタイガー ミルク マッシュルームメーカーが、国内での人気を背景に海外での成長を目指す

マレーシアでは、免疫と呼吸器の健康のための伝統的な薬草療法として使用されてきた原料であるタイガー ミルク マッシュルームの根強い需要がある。

地元のタイガー ミルク マッシュルーム供給会社Nexus Wiseは、ビタミンC、冬虫夏草と並んで、この原料が感染拡大のため国内でトレンドになっていることを指摘している。

これまで、同社はBio-Richなどいくつかの地元ブランドと協力し、タイガー ミルク マッシュルームと初乳、免疫グロブリンGなどを含む製品を発売している。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast