VITAFOODS ASIA 2018

注目:ハートヘルスのための酵素 - 日本企業が米国と中国市場を成長させる

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

株式会社日本生物.科学研究所(JBSL)は、酵素サプリメントを促進するための主要市場として、米国および中国市場をターゲットにしている。

NutraIngredients-Asia​は最近のVitafoods Asiaに於いてJBSLのアシスタント・マネージャー(海外部門)Rita Sasaki氏と同社の海外事業の計画について対談した。 

心臓の健康を促進する酵素サプリメントは、同社の主要製品の1つである。

ナチュラルスーパーキナーゼIIサプリメントはナットウキナーゼを使用して、血圧を低下させるなど心血管疾患 (CVD)を予防し、血栓が血管に形成される血栓症を防ぐ。

巨大なビジネスチャンスが同社を中国市場へ参入させている一方、米国市場に焦点を当てる理由について、「米国ではCVDが死亡原因の大部分を占めていると言われており、アメリカの人々は病気の予防に熱心で、栄養補助食品は疾病予防に用いられています」と同氏は説明した。

同氏はまた、内臓脂肪を減らすサプリメントを作るために日本原産の植物、明日葉(Angelica Keiskei)の使用を含む、同社の最新のR&D革新の何例かを明らかにしてくれた。

詳細はビデオで。

Related topics: Japan

Follow us

Featured Events

View more

Products

View more

Webinars