規制最新情報:中国の「ブルーハット」、インドの小売制度、オーストラリアのビタミンB6規制

By Tingmin Koe contact

- Last updated on GMT

規制最新情報:中国の「ブルーハット」、インドの小売制度、オーストラリアのビタミンB6規制

Related tags: Japan

このラウンドアップでは、中国の「ブルーハット」表示義務、インドの8,000店舗以上を対象とした栄養補助食品小売構想、オーストラリアのビタミンB6の新しい投与量制限の実施について取り上げます。
中国、最小の個包装すべてに「ブルーハット」ロゴを印刷することを提案

中国の健康食品規制当局は、すべての最小個別製品パックに「ブルーハット」ロゴを印刷するよう提案している。

この新しい提案は、製品表示に関する管理を強化し、消費者の権利を保護することを目的としていると、中国国家市場監督管理総局(SAMR)は3月21日に発表した。

個別のパックとは別に、当局はメーカーに対し、製品のメインディスプレイ、特に左上隅に 「ブルーハット」 ロゴを印刷することを提案している。消費者が承認済みの健康食品であることを容易に識別できるようにするためだ。

栄養の機会:インドの医療用小売店8,000店舗で製品取り扱い開始

栄養補助食品は、インド全土の8,000以上の政府系医療小売店で初めて提供されるようになる。

Pradhan Mantri Bhartiya Janaushadhi Pariyojana kendra, (PMBJP、首相公認インド医療制度)と名付けられたこれらの店舗は、中低所得者層を対象としている。

3月中旬ごろには、プロテインパウダーやバー、モルトベースの食品サプリメント、免疫強化剤などの栄養補助食品を店頭に並べ、ブランド品より5~9割ほど安い価格で販売している。

オーストラリア、軟体動物、ビタミンB6、ヨモギを含む製品の条件を更新

オーストラリアで軟体動物、ビタミンB6、ヨモギを含むサプリメントが新たにリストアップされた場合、直ちに新しい規制を遵守する必要があると、薬品・医薬品行政局(TGA)は公表している。

例えば、軟体動物由来成分のアレルゲンに関する警告を明記すること、大人と子供に対するビタミンB6の新しい用量制限を遵守すること、さらに4種のヨモギについて妊娠リスクに関する警告を強調することが必要となる。

新規制は3月1日から新規収載品に適用され、既存の収載医薬品は2023年3月1日までの1年間で、変更を実施することが義務付けられている。

健康強調表示強化?韓国が肝臓の健康や幅広いタンパク源として高麗人参を提案

韓国当局は、健康機能性食品(HFF)規制について、高麗人参製品に肝臓の健康を訴求することを認めるなど、新たな提案を多数行っている。

食品医薬品安全処 (MFDS) が提出したこの提案では、あらゆる種類の食品原料をタンパク源とみなすことも提案されている。

食品医薬品安全処は、5月2日まで一般からの意見を集めている。

はっきりさせる:シンガポールの規制当局がサプリメントの分類についてより明確なガイドラインを規定

シンガポールの保健科学庁 (HSA) は、健康補助食品と医薬部外品の分類についてより明確なガイドラインを規定している。これらは、同様にビタミンとミネラルを含んでいるが、有効成分の数が異なる2つの製品カテゴリーである。

主な改訂点の一つに、ビタミンやミネラルを含む健康食品への分類フローチャートの導入がある。

このフローチャートによると、ビタミン・ミネラル製品は、1)有効成分としてVMS(ビタミン・ミネラル)を含み、2)VMSと表示され、3)VMSを過半数(少なくとも50%以上)含む場合、医薬部外品に分類されることになる。

また、当局は、ビタミン/ミネラルの割合は、有効成分の数に基づいて計算され、成分の強度ではないことを強調している。

Related topics: Japan

Follow us

Products

View more

Webinars

Nutra Champions Podcast

Nutra Champions Podcast